車検の豆知識

車検を受ける方法はいろいろあります

車検を受ける方法

自動車を持つオーナーとして必ず避けて通れない制度「車検」

2年(若しくは1年)に一度やってくる車検ですが、 各種税金等諸々や、整備代など大きな金額が掛かるイベントのため 車検の時期になると気分が重くなるユーザーも多いと思います。

そんな車検ですが、ディーラー任せのままだったりしませんか?

車検を受ける方法は、ディーラーだけでなく色々な方法があります。 ディーラーは基本的にメーカーで決められた作業を行います。 部品等についてもある一定期間使用した部品は予め早め早めに交換する 予防整備といった側面もあり、その分値段が高めなのも上げられます。

今回はこのディーラーで受ける車検以外の方法を3つ紹介したいと思います。

1.車検専門店
最近増えているのがこの車検専門店。 よくインターネットやチラシ等で「普通車の車検はいくら!」や 「一日車検」なんていう広告を目にされた方もいるかも知れません。 基本的には車検をメインにしたお店で、車検を取得するために 必要な整備をし、定額に近くかつ安めな値段を受けられるのがメリットです。 メリットは早さと安さですが、予防整備的な要素は少ないため これらの整備は、整備工場にお願いすることになります。

2.修理専門工場
こちらはディーラーに属さない修理専門の整備工場の事を指します。 ディーラーではないので、各メーカーの車種を見てくれます。 車検を請け負ってくれる工場も多いのに加え、予防整備の観点から見ても ディーラーより、高額な部品は積極的にリサイクルパーツ(新品部品より安価)を 使ってもらったりと比較的に柔軟な対応をしてくれる事も多いので ディーラーよりも安く上がるのがメリットです。相模原 キズヘコミも修理専門工場で直しましょう

3.ガソリンスタンド
あなたが普段ガソリンを入れているガソリンスタンド。 ガソリンスタンドでは、整備しを配置した整備部門を併設しているところも多く、 車検を請け負っているところも最近は良く見かけます。 値段もリーズナブルなところも多く、車検専門店と修理専門工場の 中間的な立ち位置という感じです。 それに加え、お店によっては車検をお願いする事で、一定期間ガソリンが 割引になるサービスを実施しているところもあり、ガソリン価格が上がっているここ最近は とても助かるサービスになると思います。

このように一言で車検と言ってもお願いする方法は色々あります。 次回の愛車の車検のとき是非参考にしてみてください。

Copyright© All Rights Reserved.