車検の豆知識

ユーザー車検のメリット・デメリット

ユーザー車検のメリット・デメリット

自動車を所有すると税金や燃料費などさまざまな維持費が掛かることが大きなネックとなっています。車検もそうした自動車の維持費のうちの1つで、2年に1度まとまったお金が必要となるため、毎回の車検に頭を抱えているという方もいるのではないでしょうか。 そうした車検の費用を少しでも軽減したいと考えている方にオススメしたいのが、ユーザー車検です。ユーザー車検とは、本来ディーラーや整備工場が行う車検を自動車の所有者本人が行うことを指します。以下では、そんなユーザー車検のメリット・デメリットについて詳しくご紹介していきます。

1.メリット
ユーザー車検の最大のメリットは、車検費用がその他の方法に比べ圧倒的に安くなるという点です。なぜユーザー車検は費用が安いのかというと、単純に整備工場等に依頼する費用が掛からないためで、必要最低限の費用以外は発生しないからです。 また、整備工場等に任せていると、いつまで経っても自動車について詳しく知る機会というものがありませんが、ユーザー車検を行うことで自動車についてさらに良く知ることができるという点もメリットと言えます。

2.デメリット
ユーザー車検のデメリットとしては、やはり業者に依頼してしまう場合に比べると時間や手間が掛かってしまうという点が挙げられます。特にユーザー車検をはじめて行う場合には、書類作成や必要な点検箇所の確認などにかなり苦労するというケースも多いようです。 ただ、慣れてくるとユーザー車検も非常にスムーズに行えるようになりますので、それほど大きなデメリットとも言えないでしょう。

Copyright© All Rights Reserved.