車検の豆知識

車検の儲けはどこが最も多いのでしょう?

車検の際に、ディーラー付属の整備工場と、全国チェーンの格安1日車検にどのくらいの利益の差があるのか知りたいものです。法定点検と規定の整備料と車の受け渡し、あとは税金がほとんどだと思っています。細かく書くと、書類作成と重量税や自賠責保険、印紙代くらいのものじゃないでしょうか。ユーザー車検が安いといっても手間がかかるだけで、ディーラー車検とそれほど変わらないような気がします。

ユーザー車検の場合は陸運局の検査場に持ち込んで、車検証とその他の書類作成を行って検査ラインを通すだけの作業ですが、ディーラー車検は車検に通るかどうかあらかじめ判るというメリットがあります。なので、違法性のあるものは純正の部品に変えるか、車検に適合するものを用意するだけで済みます。手続きに必要な書類などに関してはほとんどサービスでやってもらっているようなものだと思っています。

全国チェーンの格安車検を行っている業者もありますが、車検費用自体は変わらないものの、直すところはすべて直すという方針のようで、ディーラーの15万円より10万円以上高かったことがあります。

「基本料はちょっと安めに設定しておきますが、直すところは全部修理させていただきます。」と言っているようなもので、ちょっと気に入りませんね。あれはほとんど強制のような言い方ですが、それをしないと車検は通りませんよ。という感じにも受け取れるだけになんとなくイヤですね。全国チェーンの格安車検だけは利用したくないものです。

Copyright© All Rights Reserved.